HOME

更新履歴(新着情報)

TPPについて

TPPを論ずるときに日本の農業が潰滅する…という事を誰もが言う。特に元農水大臣の反対表明はとても目に付いていて、農民を守るのは良いが日本の行く末をあやめているように感じます。

確かに保護されていても自給率40%にも満たない農業の事だ、安い外国の農産物が入ってくればこの比率は更に落ち、過保護の影響は現れるだろう。一時的には潰滅の道を辿っても、日本には底力があるんじゃありません?。農水省が将来を見誤らなければ・・・。

そうかといってTPPに反対すれば生産が上がって自給率が上がり農家が助かる事は、日本の農民の実情から言って絶対にない。

それよりも何よりも今とこれからの生産国の特徴を日本が取り入れて手当てし、圧倒的に多い消費者の必要な食料は安く手に入れさせ、国民の負担を軽くしてやり、技術立国物造り、工業化付加価値付けの得意な日本の特徴をもっと生かすことこそ、頭のいいやり手の人のやる国益、庶民の幸福だと思うのだがどうだろう。

他の業種でも、反対すれば産業の保護にはなっても、我ら庶民の幸福はもたらされるのだろうか。

それに伴い、私は不思議に思うことがある。TPPで大量に日本を狙う遺伝子組み換えをして生産を上げた農産物のことだ。

なんだか分からないけど不安不安と騒ぐ日本と、平気で食べている世界の国々とのギャップはなんだろう。本当にそこに何かあって今話題の放射能汚染みたいに、我らの命に害があるのだろうか。

科学的な有識者科学者の見解はどうなんだろう。この辺なんだか私にはさっぱりわからないのです。

HOME